Stardew Valleyを敢えて経験者がガチる Part.4〜お金と策略の秋〜

ノア

冬に備えて畜産の準備も万端? ファインプレーが光る秋!

……農場経営ゲームでファインプレーってなんだよ、そう思う方もいるかもしれないが、ひとまず記事を書いていくことにする。

ノア

いろんな秋はあるけれど、やっぱり農業の秋だよね

カボチャ、クランベリーの異常な性能 また私が如何にして温室を修築するに至ったか

秋1日~秋9日

秋がスタートするのと同時、まずはクランベリーのタネを爆買いする。


ノア

もはや恒例行事だよね
ついでにためていた樹液で肥料を作成。爆買いしたクランベリー全てに使用。

ここで季節の変わり目に頼んでおいた鋼ツルハシをゲット!

ノア

エナジー消費の抑制や隙の軽減につながるツルハシの強化は地味に大事!

冬の前に植林場も作っておこうと木を植える……が、レイアウトが適当過ぎた。
12本植えると上の3本が極めて見辛いです。よって結局3×3の9本を植えることにした。

ノア

植林場というより樹液採取場かもね

鉱山も並行して90階まで進め、強力な「黒曜石の剣」をゲット。特化職は当然戦士。


ノア

ぶっちゃけ偵察者は弱い……

秋の採集バンドルを埋める。ヘーゼルナッツが割と出ないイメージなのだが、あっさりと序盤に出てくれたため簡単に埋められた。

……と、ここで秋作物「スイートジェムベリー」の存在を思い出し行商人からタネを購入。何に使うかは後程……
水やりを忘れないよう、高品質スプリンクラーを隣に置いておく。

ノア

持ってたの忘れてた……

鉱山もどんどん進めていき、ついに100階に到達!
スタードロップをゲット。エナジーの最大値が上がるので非常にありがたい。

ではスタードロップをいただき……

「あの好物に似た味がした:かなん。」

ノア

……「似た味がした」!?
まあ、うん。好物を設定したときなんとなくアレな気がしてた……

夜、唐突にマリー(牛)が赤ちゃん牛を産む。名前はルビィに。

ノア

マリーの赤ちゃんがルビィとかもうめちゃくちゃだよ……

そして8日……

ノア

やはり恒例のハーベストタイム!

▼とんでもない量のクランベリーを収穫したついでに、トウモロコシで「高品質な作物」バンドルをクリア!

出荷額は18000Gくらい。価格こそブルーベリーには及ばないが、成長速度を鑑みると効率は同じくらいだろう。やはりクランベリーは強い。

ノア

そういえば、このゲームってなぜか「ベリー系」の作物が強いよね。イチゴしかりブルーベリーしかり……

9日、ついに鉱山を制覇!最下層の120階に到達する。ドクロのカギもゲット。

ノア

でもカギはしばらく使わなそう

秋10日~秋16日

さて……ここまでの農業はすべて手作業で行っていたが、ようやくここからは半自動化を志向することに。
正直ジョウロでちまちま水やってるの面倒すぎる……

ノア

……遅すぎない?

▼ということで、これを……

▼こうします

またも念願の高品質スプリンクラーを作成!
これで水やりに関しては全自動化。数は多くないが、農作業の効率が飛躍的に上がることは言うまでもない。

ノア

欲を言えば、農地をもう少し広げたいかな?

で、水やりを全自動化ときたらやることは一つ。

ノア

爆買いだ――ッ!(特急券だ――ッ!の韻で)

カボチャのタネを爆買いして全部植える。クランベリーの方は手動での水やりが続くが、こっちは植えたら放置。楽チン。スプリンクラーすごい。

13日、珍しい(のかわからないけど)秋の雷雨が前日にあり、ひらい針で生成された電池を回収。

ノア

電池はホントに貴重だからありがたい♪


2度目のハーベストタイムもあり、ついに農業レベルが10に!
特化職は職人を選択。これは一択だろう。

ノア

ソロプレイなら職人一択だと思うけど、マルチだと農業者も強かったり

「秋の作物」バンドルも無事完成。またも温室に一歩近づく。

16日、大きなイベント「スターデューバレーまつり」が開催!
各々が自慢の品を展示して点数を競うというお祭りだが、私が展示したものはこんな感じ。

ノア

様々なジャンルからバランス良くかな。イリジウム品質の魚があって良かったかも

見事91点で一位を獲得!

ノア

大好物って言い方やめろ

秋17日~秋21日

ナマコを釣ったりハーベストタイムしたり。釣りレベルが7に

ノア

20000G! やっぱりクランベリー強い♪

お金も増えたところで、便利な便利な「自動収穫機」を購入。ウシヤギヒツジ、全ての動物から自動で畜産物を収穫してくれる優れモノ。

ノア

まあ、マーニーさんの言う通り結構な「ぜいたく品」なんだけどね

ちなみに、ここまで家畜小屋で畜産物を回収したことはなかった。面倒がりすぎる……

ノア

まだまだお金使っていこう!

トリ小屋の方もアップグレード。アヒルが飼えるようになったよ!

そして畜産品をようやく回収、畜産品バンドルをクリア!

ノア

温室まであと少し……!

さて、温室修理に向けていよいよ残るは「加工品」バンドル。
ウシ、ヤギ、ヒツジはいるためチーズと布は簡単に埋められるのだが、残り一枠が曲者……トリュフオイルを埋めるにしてもブタはいないし、今から飼うと冬になってしまう。
かといって果物を埋めようにも、果樹は一つもないし、今から植えるとかなり時間を食うことに。

残念だが、温室の修理は来年春まで待つしかないか……

……


ノア

ぬわぁぁんちゃってぇ!!

そう。こんなこともあろうかと、私は行商人からばっちりトリュフを買っている!(これについては↓の前回記事参照)

Stardew Valleyを敢えて経験者がガチる Part.3〜ベリーのシャワー弾ける〜

▼全加工品、一斉生産!

そしてそして……食料室のバンドルをついにコンプリート!

秋22日~秋28日

……と、温室を開放したは良いが……ぶっちゃけ、今何を植えようかというと特に植えられるものがなかったりする……

……

ノア

ぬわぁぁんちゃってぇ!!

そう。前回の記事で嘆いてたブルーベリーのタネ買いすぎ事案がここで生きてくるのだ。
トリュフの事といい、ここでファインプレーを連発する私。これがスタバガチ勢の力だ……!

ノア

半分偶然だけど、半分は考慮済み。買い過ぎた時から実はこれを狙っていたりして……

さらに増産した高品質スプリンクラーも設置して、温室の半分ほどをブルーベリーで埋めることに。
なんか一つヘンなのが埋まってるけど、これは博物館でもらったスターフルーツである。

次の日またもハーベストタイムなのだが、もう省略する。出荷額は20000Gくらい。
金を稼ぎまくったせいか、実績「1人前の牧場主」を取得。

ノア

……二連ハーベストタイムだと!?
そういやカボチャ植えてました。水やりが全自動なせいで存在感が薄かったが、冬に向けてお金が欲しい時期にこれは美味しい。

▼とれたカボチャはこのくらい。

ここでペットの好感度がMAXになったようで、特殊メッセージが表示される。

ノリにノッてトリ小屋をさらに改築。名づけはもはや適当になっている。

ノア

さ、今日はここまで。出荷額は30000Gくらいいくかな?

ノア

……えええええええええ!?

カボチャ、想像よりはるかにお高い。出荷額は過去最大の57000G近くに。

ノア

こんなに高いんだ……

▼所持金も1年目にしてはだいぶ多くなった。

ここで来年春に向けてブタを2匹購入。16000G×2の出費はさすがに大きいが、この出費は後に生きてくるはずだ。

スイートジェムベリーもついに収穫の時。もちろん出荷……ではなく。

ノア

こうします
3つ目のスタードロップゲット。

▼一日のリザルト。畜産でも結構儲けられる状態に。

26日、ウサギも購入。家畜を一通りそろえることに成功。

ところで、実は今まで料理をしたことがなかったのにお気づきだろうか。実はまだ一回も家をアップグレードしてないのだ。
ということで……

▼……


ノア

はい
木材を購入してごり押しアップグレード。

最後にスピリットイブを楽しんだりクランベリーを出荷したり、秋おしまい!

まとめ

次はいよいよ、スタバでも一番稼ぎ辛い最初の冬を迎えることになる。
冬は畜産物で稼ぐのが主なのだが、農業大好きの私にとってはやはり難易度が高い。気を引き締めていこう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。