交際費と会議費の違いとは?飲食代は会議費にできる?

どうも、あんこです。

今日は交際費と会議費について、両者の違いをメインに解説します。

交際費とは?

まずは交際費から見ていきましょう。

交際費の定義

交際費とは、取引先への接待、供応、慰安、贈答などに要した費用全般を言います。

一般的にイメージしやすいのは飲食費だと思います。

他にも、取引先とのゴルフなども交際費に該当します。

基本的には、取引関係者が1人でもいれば、大体の支出が交際費に該当しますが、国税HPにて以下のようなものは交際費には該当しないと書いてあります。

交際費に該当しないもの
  • 従業員の慰安のために行われる運動会、旅行等のために通常要する費用(=福利厚生費)
  • カレンダー、手帳、扇子、うちわその他これらに類する物品を贈与するために通常要する費用(=広告宣伝費)
  • 会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用(=会議費)

単純に言ってしまえば、高額じゃなくて通常発生するものなら交際費じゃなくていいよということです。

あんこ

こんな区分なんの意味があるんだ?と思う人が多いと思いますので、次は税務上の特徴を見ていこうと思います。税務上の特徴をみれば交際費の区分に敏感になる理由が分かります。

交際費の税務上の特徴

交際費の税務上の特徴としては、損金に参入する要件が他の費用より厳しいということがあります。

基本的に会社の税金は収益から費用を引いた額にかかりますが、費用の中には税金の計算上の費用である損金に算入できないものがあり、交際費は損金算入に要件があります

上の図のとおり、益金から損金を引いた額に税金がかかるので、損金参入ができないと税金を多く払わなくてはならなくなるわけです。

よって、なるべく交際費ではなく別の費用で計上したいというニーズが生まれてくるわけです。

そこで、今回のタイトルにもある会議費を利用すればいいんじゃないかという考えに至るわけです

あんこ

中小は年800万まで交際費を損金に、大法人は1/2を損金に算入できるお。逆にいえばそれ以外は費用にならないお・・

会議費とは?

交際費以外の費用を利用したいというニーズが把握できたところで、次は会議費を見ていきましょう。

会議費の定義

会議費とは、名前のとおり会議に用する費用です。

記憶力の良い人ならすでに先ほど交際費に該当しないものの例として会議に用する費用をあげたのを覚えていたのではないでしょうか。

でも、何が会議で何が会議じゃないかってすごく微妙じゃないですか?

会社の会議ですら無駄な話題が多いのに、偶にしか合わない取引先となるとなおさらです。

実はこれも国税から判断が示されていて、一人当たり5000円未満の費用ということになっています。

後で税務上の特徴を紹介しますが、判断が示されているのはこれくらいで、お酒を提供してはいけないみたいな具体的な制限はありません。

したがって、一人当たり5000円未満の飲食費は基本的に全て会議費としてしまって問題ないといえるでしょう。

個人事業主の方なら、デパートでご飯を買ってきて自宅で関係者と食べるようなケースも考えられるでしょうが、こういったケースも、一人あたり5000円以下であれば会議費となります。

あんこ

一人当たり5000円って一般的な感覚なら結構贅沢できるよね。公務員時代なんて一人当たり3000円くらいの店しか行かなかったし

会議費の税務上の特徴

次に会議費の税務上の特徴を確認していきます。

会議費の税務上の特徴としては、算入要件があるということです。

これは国税庁HPで示されていて、以下5つが必要となります。

  1. 飲食等の年月日
  2. 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
  3. 飲食等に参加した者の数
  4. その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地(店舗がない等の理由で名称又は所在地が明らかでないときは、領収書等に記載された支払先の名称、住所等)
  5. その他参考となるべき事項

1.4.5については領収書かレシートを保存しておけば基本問題ないので、領収書に参加者と人数を記載して保存しておくとよいでしょう。

最悪、忘れていた場合でも、会議費で計上しておいて税務調査があった場合などに対応するという方法もありでしょう。

逆に言えばこれ以外は判断が示されていないので、一人5000円以下の飲食費は会議費として計上することが一般的となっています。

あんこ

国税はちょっとしたことでも文句をつけてくるので、交際費の枠に余裕があれば交際費を使った方が無難かもしれません。

交際費と会議費まとめ

交際費と会議費の違い、いかがだったでしょうか?
最後に簡単にまとめてみますので、参考にしてみてください。

交際費 会議費
定義 接待等に支出する費用 一人5000円以下の飲食費
税務上の特徴 中小=年800万まで 大=1/2 全額損金算入
算入要件 参加者等の情報保管

あんこ

会計と税務は全然違うんだお・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です