睡眠中に見る「夢」って一体何?

夢……見る?見ない?


「悪夢を見て起きた」という経験はあるだろうか。私は何回かある。今回は、睡眠中に見る「夢」のお話。将来の夢、とかではない。
私はいわゆる「夢をよく見る」の人間だ。それもただ夢を多く見るというだけでなく、鮮明に覚えていたり、時にはなんと「夢を操ったり」もできる。
たとえば今日見た夢だと、浜辺でサファイア拾ってたらラブライブ!園田海未ちゃんが(ry ※夢は大抵の場合、意味不明理解不能なシチュエーション・ストーリーになるぞ!
まぁ、夢の内容や夢を操る能力(なんかかっこいい)に関してはおいおい語るとして……そもそも、睡眠中に見る夢って一体何だろう。

ノア

むしろ理解できる夢を見た記憶がない
そもそも夢なんてあんまりみない

あんこ

夢についての考察

夢に関する科学的考察

いくら何でもニートが科学的に考えるのはちょっと……とりあえず、ありあわせの知識だけで書いてみようか。
夢とは、レム睡眠(浅い眠り)のときに体験する、いわば幻覚のようなものだ。夢に関しては本当に個人差が激しく、統一した説明は難しい。
まず、睡眠時に夢を見る人と見ない人が存在する。これは、夢を見る人からすれば「えっ、見ないの?」と思うだろうし、見ない人からすれば「えっ、むしろ見るの?」と驚くところだろう。
ここは正確に言うならば「夢を記憶しているかしていないか」の違いらしい。たとえ見ていようが、覚えてないのなら見てないのと同じようなものですからね。
では、なぜ夢を見るのか……私は早速ネットに頼って調べてみたが、どうやら夢を見る理由については科学的にわかっていないらしい。なんじゃそりゃー!
一説では、睡眠中に行われる記憶の整理に付随する事象とのこと。
なるほど、記憶を整理している途中に意味不明なストーリーが出来上がって脳内に流れるというのなら納得のいく説ではある。真偽はともかく。
また、心理学の観点から見ると、対象の人間が見る夢というのは比較的大きな意味を持っており、心理状態の分析に役立てられるそうだ。
これは所謂「夢占い」とは違うものであり、人によってははるかに鮮明に現在の心理状態を分析することもできるらしい。不思議な点は多いけど、夢ってすごい。

非科学的に考えてみると?

古来より夢は「神秘的なもの」だったり、もっと言うなら「神のお告げ」とまで言われているものだ。
さすがに現代では科学的な解釈が進んでおり「神のお告げ」とまで言われることはほとんどない……が、その科学的解釈が夢を見る理由はわかりませんだそうなので、こちらのほうでもアプローチしてみるのは面白い試みだろう。
代表的なのは「予知夢」だろうか。例えば「飛行機が落ちる夢を見たから念のためキャンセルしたら本当に飛行機が墜落した……」とか。こんな事例があるのかはわからないが、いわゆる「超能力」のように解釈できるかもしれない。

ノア

ここは面白いところだよね。夢については個人差が大きく夢の内容にも差異がある。
私はゲームやアニメのキャラクターが夢に出てくることが多いけど……
たまに見る夢は死んだり何かに追いかけられるのが多いです

あんこ

夢を見たい!という人へ

夢を見る方法

ここまで書いて「夢すげー!」とたかぶってる読者の方も多いだろう。多分。
とはいえその夢を体験できないのでは、現代科学の恩恵やら夢の中であんなことやこんなことやらも不可能だ。夢の世界はあんなことこんなこと以前にホントに意味不明ですけどね、うん。
しかし「夢を見る」「夢を覚えておく」ということは訓練次第で誰にでも可能だったりする。さらっと言ったが夢を見ない人にしてみれば結構革命的かもしれない。
さて、その方法はズバリ「夢を記憶する」ことだ。
「夢を覚えてられないのにどうやって記憶すんだよ!」と誰しも思っただろう、私もそう思った。

具体的には?

まず、起きたらすぐ「どんな夢を見たっけ?」と夢を振り返る習慣をつけると良い。むろん、何も思い出せなかったらそのままで問題ない。とにかく、夢を思い出そうとすることが重要だ。
そしてもし「あ、そういえばこんな夢を……」「よくわからない記憶がある」となったら、すぐにそれを何かに記録しよう。
手っ取り早いものなら、起きて夢を思い出した後すぐスマホのメモ帳か何かにメモってしまうことだ。そして、暇な時間にその夢に関する記述を読み返す。
これを繰り返していれば、いつのまにか「夢をよく見る」体質になっているに違いない。
もっとも、私はこの手法を試す前からずっと夢をよく見る人間だったので確実とは言えないが……少なくとも、夢を記憶・記録することの重要性については私が保証できるところだ。

ノア

ま、夢を操れるレベルにある私には関係ないけど
夢日記……

あんこ

終わりに

初投稿で書ける何かというものを探していた結果、この夢というテーマになったがいかがだっただろうか。ここまで読んでいただきありがとうございました。
夢についてはまだ書ける部分も多いので、また機会があればこの記事に関連したものを投稿するかもしれない。

あんこ

そんなことより将来の夢について語りましょう
私は夢の中にこもる

ノア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です